オスグッド・ジャンパー膝・その他の膝痛やスポーツ障害・腰痛・交通事故(むちうち)なら、大阪市西今川の中井自然整骨院にお任せください。

スポーツ障害・腰痛・膝痛専門
中井自然整骨院

〒546-0042 大阪市東住吉区西今川4-30-18
谷町線駒川中野駅より徒歩5分 【駐車場3台分あり】

営業時間

午前 9:00~12:00 
午後 16:00~20:30
土曜9:00~12:00

休業日

日曜日・祝日
(要相談)

お気軽にお問合せください

06-6704-0139

野球肘(内側上顆裂離)と(離断性骨軟骨炎)

投球をしていて、肘が痛くなる症状を

野球肘と呼びます。

野球肘には、「内側型」と「外側型」の

2つに分類されます。

内側型 (内側上顆裂離)

野球をしていて肘が痛くて来院するケースで

最も多いのが内側型です。

投球フォームの異常・投げ過ぎ・ストレッチ不足などが原因となり発症します。

肘の骨の内側に付着する筋・腱の疲労が蓄積し

緊張状態となり痛みとなって現れます。

野球をしている子の5人に1人は罹患していると言われています。

外側型 (離断性骨軟骨炎)

内側型の内側上顆裂離に比べると発生頻度は圧倒的に低いものの

痛みを放置をしていると 変形性肘関節に繋がる可能性があるので注意が必要です。

痛みを我慢して症状を悪化させると骨の一部が剥がれ、遊離体となります。

その遊離体が投球の度に肘関節の動きを阻害し

より痛みの出やすい肘に変化していきます。

そのため、早期診断治療が必要となります。

外側型の初期段階は、X線ではわかりません。

早期発見には超音波診断(エコー)が有効です。

離断性骨軟骨炎は、保存治療よりも手術を行う方が回復期間が早いことがあるので

当院でも手術を勧めることもあります。

では、治療はどのようにして行うのか?

野球肘は肩の動きや肩甲骨の位置異常が

原因となることが多いので、まず最初に肩・肩甲骨を正しい状態に戻します。

患部へのアプローチは自然整体療法とAKS治療により

肘の機能回復を取り戻していきます。

ただし、肘の症状によっては、手術を勧めます。

野球肘だけはありませんが、どのスポーツ障害に通じて言えることは

痛い時は痛いことをしない!!

これが大前提です。

 

全力投球をして、三振を取ったり

バックホームにレーザービームで返球したくないですか?

華麗な守備から、痛みを気にせず送球をしたくないですか?

ご自身や大切なお子様が痛みで悩んでいるのなら

ぜひ一緒に改善していきましょう。

当院の宝物 患者様の声

平野区から来院

I・I君

高校2年生

野球

院長プロフィール

中井将太朗
資格

柔道整復師

自然整体療法師範

フットケアトレーナー 

AKA/AKS基礎・アドバンス コース修了

親切・丁寧な対応でお受け致します。お気軽にご相談ください。

中井自然整骨院

06-6704-0139

住所

〒546-0042
大阪市東住吉区西今川4-30-18

地下鉄谷町線 駒川中野駅 徒歩5分

営業時間

営業日
 
午前×
午後××
営業時間

午前 9:00~12:00
午後 16:00~20:30

土曜日は午前まで

休業日

日曜日・祝日(要相談)

06-6704-0139