オスグッド・ジャンパー膝・その他の膝痛やスポーツ障害・腰痛・交通事故(むちうち)なら、大阪市西今川の中井自然整骨院にお任せください。

スポーツ障害・腰痛・膝痛専門 完全予約制
中井自然整骨院

〒546-0042 大阪市東住吉区西今川4-22-14
谷町線駒川中野駅より徒歩1分 【当院近く駐車場3台分あり】

営業時間

午前 9:00~12:00 
午後 15:00~21:00
土曜9:00~15:00

休業日

水曜日午前
日曜日・祝日
(要相談)

お気軽にお問合せください

06-6704-0139

股関節の成長痛(グロインペイン症候群)

「最近、少し歩き方が不自然」

それが股関節炎のサインです。

股関節の成長痛(グロインペイン症候群)

股関節の成長痛の原因は主に2つあります。

1つ目が、成長期における骨の成長に対して筋肉の収縮・伸張性の機能不全。

要は、どんどん大きくなっていく骨に対し、筋肉の成長スピードが追いつかず、股関節の骨に付いている筋肉の伸び縮みのパワーが足りず、骨を常に引っ張り過ぎてしまい炎症が起きるという事です。

好発年齢は8~10歳が最も多く、練習がハードになる中学、高校生にもみられます。

2つ目が精神的ストレスの影響。

股関節(仙腸関節)は「第二の脳」と言われる程、ストレスと密接な関係にあります。

内臓を保護する器である股関節(仙腸関節)には、無数の神経と血管が集中しているので緊張やストレスを強く受けやすい傾向があります。

子供の頃、「テストや発表会の直前になるとお腹が痛くなる」という原因は、この事が関係しています。

いつまで経っても治らないワケ。

子供自身が持つ自然治癒力で症状が治まるケースもありますが、股関節が痛くなり始めて数週間経過しても「お母さん、まだ股関節痛い」と訴えている場合は早期に治療を勧めます。

痛いまま、そのうち治るだろうと放置していくと骨盤の歪みがキツくなり、左右の足の長さが違ってきたり、腰痛や膝の成長痛(オスグッド)踵の成長痛(セーバー病)を引き起こす原因となりやすいからです。

近所の整骨院に通院しているが一向に良くならないのは、股関節ばかりに目を奪われ、原因となる箇所を特定し治療を行なえていないからです。

股関節の成長痛で治療を必ずしないといけない所は、足関節や脊椎の動きの調節です。

その他にも、重要な箇所はありますが、治療を2~3回受けて症状が改善していないのであれば、はっきり言います。

その整骨院では、良くならないでしょう。

当院に来院する子供達のほとんどが股関節の痛みと膝もしくは踵の痛みを併発してから治療を受けに来る子が非常に多いです。

股関節の成長痛の治療は当院で施術可能ではありますが例外で、施術適応外の症状があります。

それは「大腿骨頭すべり症」「化膿性股関節炎」です。

当院で問診・触診・視診を行い、上記2つの傷病の疑いが考えられる場合はMRIでの検査を勧めます。

これらは手術や抗菌剤の投与や化膿している部分を取り除くという治療が必要です。

お子様の痛みを取ってあげませんか?

お子様、股関節が痛いと言いだしてから

数週間経っていませんか?

レントゲンは撮ったけど異常なしと言われた。

「いつか治る」では、手遅れになります。

追伸

 

お子様はうつ伏せになりながら、治療を受け

私と話しても良いし、眠りについても結構です。

それを繰り返すだけで股関節の痛みは消失します

当院の宝物 患者様の声

東住吉区から来院

Y・K君

高校1年生

アメリカンフットボール

旭区から来院

T・K君

高校1年生

サッカー

 

城東区から来院

S・T君

小学3年生

サッカー

 

堺市から来院

U君

中学2年生

サッカー

 

ブログに様々な症例をたくさん載せています。

ひっそりブログ

お問合せ・ご予約はこちら
当院は完全予約制です

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

06-6704-0139

受付時間:9:00~20:30

患者様が安心して通院して頂けるよう対策を整えております。

院長プロフィール

中井将太朗
資格

柔道整復師

自然整体療法師範

フットケアトレーナー 

AKA/AKS基礎・アドバンス コース修了

親切・丁寧な対応でお受け致します。お気軽にご相談ください。

中井自然整骨院

06-6704-0139

住所

〒546-0042
大阪市東住吉区西今川4-22-14

地下鉄谷町線 駒川中野駅 徒歩1分

営業時間

営業日
 
午前××
午後×
営業時間

午前 9:00~12:00
午後 15:00~21:00

土曜日は9時~15時まで

休業日

水曜日午前
日曜日・祝日(要相談)

06-6704-0139